crypto 暗号資産の始め方

【Polygon】OpenSeaでNFTをガス代無料で購入する方法【完全解説】


本記事ではOpenSeaでPolygonチェーンのNFTを購入する方法について完全解説します。

PolygonでNFTを購入する際に押さえるべきポイントは次の通りです。

  • NFT売買のガス代は無料
  • ガス代は、ETH通貨をPolygonネットワークに転送(ブリッジ)する場合にのみ必要

PolygonでNFTを購入するには、PolygonETHを使用する必要があります。

ETH通貨をPolygonで使用するには、最初にそれらをPolygonチェーンに「ブリッジ」する必要があります。

通常、ブリッジの際にかかるガス代は3000円〜数万円ですが、本記事で紹介する方法はほぼ無料で転送できます。

ぜひ参考にしてみてください。

本記事でわかること

  • 国内取引所で暗号資産を売買・送金する方法
  • BINANCEで暗号資産を売買・送金する方法
  • MetaMaskに送金する方法
  • ガス代ほぼ無料でETHをPolygonチェーンに転送する方法
  • OpenSeaでPolygonのNFTを購入する方法

国内取引所で暗号資産を購入する

BINANCEに暗号資産がある場合は「BINANCEでMATICを購入する」までスキップしてください。

まずは国内取引所で暗号資産を購入しましょう。

国内取引所の口座開設がまだの方は「コインチェック口座開設方法」もしくは「GMOコイン口座開設方法」を参考にまずは口座を開設してください。

購入する暗号資産の種類はBTCやETHでも良いですがおすすめはXRP(リップル)です。

なぜなら基本的にXRPはBTCやETHに比べて、送金手数料・最小数量が少なく済むからです。

送金速度もBTCなどよりXRPが早いのでおすすめです。

国内取引所で暗号資産を購入する方法

今回はGMOコインでXRP(リップル)を約1万円分購入してみたいと思います。

基本的な手順は他の国内取引所と同じです。

STEP1

GMOコインのトップ画面にある「現物取引」を選択し、赤枠の「▼」をクリック。

STEP2

購入したい暗号資産(今回はリップル)を選択します。

STEP3

「成行」「買」を選択し「取引数量」を入力します。

入力を終えたら「確認画面へ」をクリック。

取引数量の決め方は次のとおりです。

予算÷暗号資産の価格=取引数量

今回の場合だと、

10000円÷89.576≒115

もしくは「Cryptocurrency Converter」などのサイトで取引数量を決めましょう。

STEP4

「確定」をクリック。

STEP5

「取引履歴」をクリックすると、約定した情報が確認できます。

以上で暗号資産の購入は完了です。

国内取引所からBINANCEに送金

国内取引所で購入した暗号資産をBINANCE(バイナンス)に送金しましょう。

BINANCEの口座開設方法は「BINANCEの口座を開設する方法」をご覧ください。

今回はGMOコインで購入したXRP(リップル)をBINANCEに送金します。

手順は以下の通りです。

❶BINANCEでXRPの入金アドレスを確認する

STEP1

BINANCEの公式サイト(アプリ)にアクセスします。

URL:https://www.binance.com/ja

STEP2

BINANCEトップページの「ウォレット」を選択して「フィアットと現物」をクリック。

STEP3

コイン検索に「XRP」と入力し、XRP(Ripple)の「入金」をクリック。

STEP4

「ネットワークの選択」をクリック。

STEP5

XRP(Ripple)を選択する。

STEP6

「アドレス取得」をクリック。

STEP7

「OK」をクリック。

STEP8

表示される「アドレス」と「MEMO」をコピーする。

次に説明するアドレス設定時に利用します。

❷国内取引所に送金用のアドレスを設定する

STEP1

国内取引所(GMOコイン)のトップページにアクセスします。

入出金の「暗号資産」をクリックして「リップル」を選択。

STEP2

「送付」→「新しい宛先を追加する」をクリック。

STEP3

「名称」「宛先タグ」「リップルアドレス」を入力して「登録する」をクリック。

  • 名称:任意(今回は「BINANCE(XRP)」と入力)
  • 宛先タグ:BINANCEの「MEMO」をペースト。
  • リップルアドレス:BINANCEの「アドレス」ペースト

STEP4

確認メールが送信されます。

送信されたURLをクリックして「認証を完了する」をクリック。

❸BINANCEに暗号資産を送付する

STEP1

GMOコインに再度アクセスして、宛先が追加されていることを確認しましょう。

※宛先が追加されるまで2分ほど、かかる場合があります。

STEP2

実際に暗号資産を送付しましょう。

  1. 宛先を選択する
  2. 送付数量を入力
  3. 「SMSで2段階認証を受け取る」をクリック
  4. 受け取った認証コードを入力
  5. 「確認画面へ」をクリック

STEP3

内容を確認して「実行」をクリック。

STEP4

BINANCEに送付した暗号資産が表示されていれば完了です。

BINANCEでPolygon(MATIC)を購入する

BINANCEでPolygon(MATIC)を購入しましょう。

今回はXRP(リップル)でMATICを購入します。
(他の暗号資産でMATICを購入しても問題ありません)

BINANCEではXRPでMATICを直接購入することができません。

そこで一旦、MATICを直接購入できる暗号資産(BTCやUSDTなど)に変換してMATICを購入します。

今回はXRPをBTCに変換して、BTCでMATICを購入します。

手順は以下の通りです。

❶XRPで他の暗号資産(BTC)を購入

STEP1

BINANCEの公式サイト(アプリ)にアクセスします。

URL:https://www.binance.com/ja

STEP2

「トレード」にカーソルを合わせ「クラシック」をクリック。

STEP3

検索窓に「XRP」と入力して、ペアを選択。

今回は「XRP/BTC」のペアをクリックします。

画面左上が「XRP/BTC」のペアになっていることを確認しましょう。

STEP4

BTCに交換するために、XRPを売却しましょう。

  1. 「成行」をクリック
  2. ゲージを横にスライドさせて売却する量を決める
  3. 「売却XRP」をクリック

STEP5

XRPが売却されペアの暗号資産(BTC)が購入されます。

❷暗号資産(BTC)でMATICを購入

STEP1

「トレード」にカーソルを合わせ「クラシック」をクリック。

STEP2

検索窓に「MATIC」と入力して、ペアを選択。

今回は「MATIC/BTC」のペアをクリックします。

画面左上が「MATIC/BTC」のペアになっていることを確認しましょう。

STEP3

MATICを購入しましょう。

  1. 「成行」をクリック
  2. ゲージを横にスライドさせて購入する量を決める
  3. 「MATIC購入」をクリック

STEP4

BTCが売却されMATICが購入されます。

MATICをMetaMaskに送金

BINANCEで購入したMATICをMetaMaskに送金しましょう。

MetaMaskをpolygon(MATIC)チェーンに接続していない方は下の記事を参考に追加してください。

MATICをMetaMaskに送金する方法

STEP1

BINANCEトップページの「ウォレット」を選択して「フィアットと現物」をクリック。

STEP2

MATICの「出金」をクリック。

STEP3

Polygon(MATIC)に接続したMetaMaskを起動してアドレスをコピーします。

STEP4

  1. BINANCEのアドレス欄に、アドレスをペースト
  2. ネットワーク欄は「MATIC(polygon)」を選択
  3. 出金額を入力する
  4. 「出金」をクリック

STEP5

チェックを入れて「承認」をクリック。

STEP6

アドレスとネットワークを確認して「次へ」をクリック。

STEP7

  1. 「認証コードを取得」をクリック
  2. メールに送られてくる認証コードを入力
  3. 認証アプリの認証コードを入力
  4. 「提出」をクリック

STEP8

「完了」をクリック。

以上でMetaMaskへの送金は完了です。

MetaMaskにMATICが送金されるまで(約10分)待ちましょう。

ApeSwapでMATICをWETHに変換

MetaMaskにMATICが送金できたら、WETHに変換しましょう。

変換するために「Apeswap」というサービス(分散型取引所)を利用します。

WETHに変換することでOpenSeaでPolygonのNFTを購入することができます。

手順は以下の通りです。

❶ApeSwapとMetaMaskを接続する

まずApeSwapとMetaMaskを接続しましょう。

STEP1

ApeSwapの公式サイトにアクセスします。

ApeSwap:https://apeswap.finance/

STEP2

画面右上の「Connect」をクリックして「MetaMask」を選択します。

STEP3

MetaMaskが起動したら「次へ」→「接続」をクリック。

STEP4

  1. 画面右上のアドレスとPolygonに接続されているか確認する
  2. 「Trade」を選択
  3. 「 Exchange」をクリック

❷MATICをWETHに変換する

MATICをWETHに変換しましょう。

STEP1

「SWAP」になっていることを確認して「BANANA」をクリック。

STEP2

検索窓に「WETH」と入力して、表示された「WETH」をクリック。

STEP3

MATICの交換量を入力して「Swap」をクリック。

STEP4

内容を確認して「Confirm Swap」をクリック。

STEP5

MetaMaskが起動したら「確認」をクリック。

通常WETHに変換する際にかかる手数料が、3000円〜数万円程度に対して本記事で紹介する方法だと「0.00489MATIC」です。

日本円で、約0.9円に抑えることができます。

STEP6

「Add WETH to MetaMask」をクリックして「WETH」を追加します。

追加したら「Close」をクリック。

STEP7

MetaMaskを確認するとPolygon(MATIC)チェーンにETHが追加されます。

これでOpenSeaでpolygon版のNFTを購入することができます。

OpenSeaでPolygonのNFTを購入する

実際にOpenSeaでPolygonのNFTを購入してみましょう。

❶購入するNFTを決める

まずは購入するNFTを決めましょう。

STEP1

OpenSeaにアクセスします。

URL:https://opensea.io/

STEP2

PolygonのNFTを検索したいときは、画面左側の「Chains」→「Polygon」をクリックしてください。

PolygonのNFTは、各NFTの左下の六角形マーク(ポリゴンのロゴ)で識別できます。

❷PolygonのNFTを購入する

実際にNFTを購入しましょう。

STEP1

購入したいNFTを選択して「Buy now」をクリック。

STEP2

赤枠にチェックを入れます。

STEP3

内容を確認して「Confirm checkout」をクリック。

STEP4

「Sign」をクリックしてMetaMaskで承認すると購入完了です。

以上、PolygonでNFTを購入する方法についての解説でした。

おつかれさまでした。

🐥

-crypto, 暗号資産の始め方
-, , ,